アロマと調香の総合資格認定校 アクトインターナショナルスクール
サイトマップお問い合わせ・なんでもQ&A

卒業生の活躍

医療現場などで活躍する、キラキラ輝くアクトの卒業生をご紹介します!

アクトには夢を膨らませて実現させた卒業生がたくさん! 全くの未経験からスタートした方も少なくありません。
次なる夢の実現へ向けてさらに邁進中の卒業生をご紹介致します。
IFA国際セラピスト 須崎 千恵子さん
念願の病院内でアロマ外来を設立
須崎 千恵子さん

【喜山整形ハーブクリニック】http://www.ortho-herb.com/

看護士として勤務している富士市にあります喜山整形ハーブクリニックでは 患者様一人一人にあったケアを大切にし、つらい方々を笑顔にしたいと思っています。 アロマテラピー外来をとりいれるのが私の夢でもありました。 病院に勤務をしながらIFAを取得するため、アクトインターナショナルスクー ルに通いました。 仕事、家庭、勉強とのバランスは本当に大変で、つらくなるときもありましたが 先生や仲間に励まされ、無事に1発合格! 看護士国家試験同様、いやそれ以上の膨大な解剖生理学を学んだときには ここまで学べば患者さんにトリートメントするときにも自信がもてる!と思いました。

また、患者さん1人1人にあったIFAの考えでもある【個人的処方箋】を実現するため、精油のこともホリスティックな観点で勉強致しました。IFA取得後、私なりにプランをねり、院長先生に相談もさせていただき、 遂に7か月目に、アロマ外来をスタートすることができました。 これからも1人でも多くの患者様にアロマの個人的処方箋をつくり癒しのトリートメントを提供できればと思います。

IFA国際セラピスト 須崎 千恵子さん
介護付有料老人ホーム にてアロマトリートメント
長谷川由香さん

私は、自身で、サロンも経営する傍ら、 静岡県浜松市にあります 浜名湖エデンの園にて7年前からアロマトリートメントを毎週おこなっています。アロマトリートメントを介護施設に導入する際に、アクトの先生方にはかなり相談にのっていただきました。 現在、利用者様のトリートメントをご希望される方にご予約をいただき施設内にお部屋を借りて、サロンをおこなっております。サロンを訪れる方には季節感を常に感じて頂くようにディスプレイも季節ごと工夫しております。 毎回楽しみにトリートメントを受けてくださる方も多く、やりがいを感じています。7年続けてこれたのもアクトインターナショナルスクールでの高い技術力と指導を受けたおかげでもあると思っております。

アロマは治療ではありませんが、香りで気持ちが元気になったり、膝の痛みが軽減したり、植物の香りの力は未知数と感じております。 今後も、アロマを通じて、利用者様の幸せをお手伝いしたいと思っております。

  • 望月美和さん 自宅サロンで仕事もプライベートも充実!
    望月美和さん
    もともと香りが好きで自己流でアロマを楽しんでいましたが、しっかり勉強したいと思うようになりアクトに入学しました。心療内科の医師として、「アロマの香りの漂う空間で仕事がしたい」と漠然と思っていたのですが、アドバイザーコースを受けただけでアロマの奥深さのとりこに。医師とは違った視点での解剖生理学の講座のわかりやすさには特にビックリ。患者様に説明するにはこうすればよいのか、という気付きも得られました。

    遠い夢だった開業が急に身近に思えるようになり、自分のクリニックを開業し、アロマを楽しめる待合室など、学んだことを自分なりに反映させました。アロマの香りで癒し癒され、常に患者様に「また会いたいな」と思っていただける医師でありたいと考えています。

  • 岩辺さくらさん 日本人初!ユニバーサル五輪出場
    川東清子さん
    家族の介護のために14年間勤めた銀行を退職。その後、介護だけの人生ではつまらない、この機会に好きなアロマをきちんと勉強し、介護にも役立てたい!と思いアクトに入学しました。 介護と家事の合間をぬい、深夜・早朝の時間を活かして1年間でセラピストまでの資格を取得。その後、自宅サロンをオープンすると共に、「チームアクト」のホスピタルセラピストチームのリーダーとして、週に2回、リハビリ病院でアロマハンドトリートメントを行っています。

    アロマの力で心身ともに癒され、リハビリ意欲を持ち続け、より多くの方に元気になっていただきたいという気持ちで、日々最善の注意を払いながらトリートメントをしております。好きなことを仕事にしたことで、苦労も楽しみになり、充実した日々を送れるようになりました。

  • 池田知奈津さん 「好きを仕事にする」という理想の生き方をアクトで手に入れました!
    池田知奈津さん
    エステやマッサージに通うのが大好きで、いつか美容の分野で働きたいなと思っていました。でも、同時に妻としても母としても幸せになりたいし、女性としても輝いていたい。どうすればいいんだろう…とずっと考えていた「好きを仕事にする理想の生き方」をアクトで発見しました。講師の方は情熱のある方ばかりで、本当に楽しく講義を受けることができました。

    今は自宅でサロンをやっていますが、現場で起きる接客や、お客様のニーズに応えることを常に考える姿勢を学んでいたことが本当に役に立っています。また、チームアクトの活動に参加させていただき、自分が信じている「アロマ」のことを伝える非常にいい機会になっていると思いますので、今後も積極的に活用していきたいなと思っています。

  • 福田千恵さん 娘もアロマの資格を取得。親娘で働ける穏やかな幸福を手に入れました。
    福田千恵さん
    主人が経営する会社を手伝っていましたが、40歳を機に今度は自分の人生をどう生きるか考えました。アロマテラピーは通信教育や独学で学んでいましたが、アクトでは教科書や自分だけでは知り得なかった様々なことを教わりました。自分自身の現場体験やプロの実践技術を惜しげもなく伝えてくれる講師の先生、いまも交流ある友人たち、学ぶことが本当に楽しいと思えた体験など全てが宝物です。

    卒業して約半年でサロンをオープン。また娘も高校に通いながら、アロマセラピストの資格を取得。私のサロンを手伝いながら、石鹸やクリームなどをつくるアロマクラフトにも興味があるようです。母娘で働ける穏やかな幸福が続くことが、いまの夢です。

  • 森典子さん 子供達のキラキラした姿に言葉にできない充実感とやりがいを感じます。
    森典子さん
    アロマテラピーに興味があり、医療施設に医療事務として勤務しながらアクトに通学しました。興味が高まりセラピストまで取得、現在はビルの一室で一人でサロンをしています。チームアクトの「香育インストラクターチーム」で教育機関での香育も行っていますが、もともと人の役に立ちたい、多くの喜ぶ顔を見たいという気持ちが強かったため、教育現場での香育活動は自分自身の喜びでもあります。子供達対象の授業では50分間でいかに飽きさせず興味を持ってもらうかが大切。小学生には紙芝居を作るなど、対象に合わせた教材づくりも必要。そのため何度もミーティングを開き、入念に事前に事前準備を行います。

    普段の授業では消極的な子が目をキラキラさせて質問していたと先生に言われたりすると、言葉にできない充実感とやりがいを感じます。

  • 芦川広子さん 先生はプロフェッショナル集団。チラシからメニュー作成までサロンオープンにも大変役立ちました!
    芦川広子さん
    もともとハワイアンロミロミの資格を持っていたのですが、自分のスキルアップをしたいと考えていました。アロマに興味があり、ホームページで調べてアクトを知りました。年齢のこともありはじめはなかなか一歩が踏み出せなかったのですが、スタッフの方に背中を押していただき、入学を決めました。本当に「学校」のように10時から17時まで6時間ぎっちりの授業だったのですが、内容にメリハリがあってとても楽しく、毎週通うのがとても楽しみでした。

    講師の先生は時には厳しく時には親しみやすく、質問にはわかりやすく的確に応えてくれるプロフェッショナルの集まりだなと思いました。個人サロンのオープンにあたっては右も左もわからない状態でしたが、サロン経営塾でメニューづくりからチラシづくり、利益の上げ方まで小人数制で細かに教えていただいて、今もそのテキストを見ながら「先生こうおっしゃっていたな」と確認したり、大変役立っています。

  • 高関左保さん 2回の育児休暇を利用して通学。看護師として医療にアロマを普及させたい!
    高関佐保さん
    浜松の病院で看護士をしながら、もっと多くのことを勉強したくて、2回の育児休暇を利用してアクトに通いました。アロマセラピストの資格を取得し、病院の待合室で香りの演出も任されています。外来でのアロマトリートメントも検討中で企画書をつくっていますが、アクトは卒業後も相談できる心強い存在。私が勤務する病院は地域のトップクラスとして影響力もあるので、医療におけるアロマの普及にも貢献できたら嬉しいです。

    私は6歳を筆頭に3人の子供がいますが、これからも色々チャレンジしたいです。できない理由をあげるより、どうしたらできるかを考える方が楽しいですよね。皆さんも、アクトで人生の楽しみをたくさん見つけませんか。

  • 大河原和子さん 香りは奥が深い世界。自宅サロンをやりながらアロマエアスタイルの活動も広げたい。
    大河原和子さん
    エステティックサロンに勤務しながら、資格を取得するためにアクトに入学しました。エステティシャンだったのですがアロマテラピーに魅せられ、まずはアロマセラピストを取得。その後、アロマエアスタイルについても学び、チームアクトの「アロマパルファンチーム」の活動にも参加させていただきました。静岡市の「戸田書店」では、理事長や校長のご指導のもと、「初夏の香り」をテーマに香りの空間演出を行いました。香りは大変奥が深く、テーマの創り方や広い空間での強弱のつけ方など、幅広い知識と技術が必要です。

    また、様々な方が出入りすることへの配慮も大切。今後はさらに勉強を重ねて、式場や美術館、ショップなどの演出を考えています。自宅サロンもオープンする予定なので、チームアクトでの活動を刺激としながら成功させていきたいと思います。

ページトップへ

資料請求はこちら